smile report スマイルレポート

「ディアーズ・ブレインで挙げてよかった!」と言っていただける幸せなスマイル(結婚式)を、新郎新婦様とつくり上げる。 これがウエディングプロデューサーのミッションです。 ディアーズ・ブレインの接客は一顧客一担当制。一組のお客様を最初から最後まで担当できるため、 入念に準備を重ねる中で、細やかな心くばりやご提案が出来ます。 スマイル当日はスタッフと連携を取りながら、チームで式を進行していきます。 無事にスマイルを終えたときには、お客様の人生の一番幸せな瞬間に立ち会える感動とともに、 一丸となってやり遂げた達成感を味わうことができます。

何年経っても「毎日が
初めてのこと」でいっぱい。
新しい出会いに
毎回ワクワクが止まらない。

写真 花束をもつ新郎新婦

おふたりが本当に望む
結婚式をつくるお手伝いがしたい

「既存の進行や演出は絶対に嫌。トレンドっぽいのも嫌。お決まりのファーストバイトやドレスの色あてクイズもNo。お涙頂戴はもってのほか」と仰られた時にはとても驚きました。おふたりが持たれている結婚式の印象を良い方向に変えたいと強く思いました。新しく出会った新郎新婦様の言葉は「自分の成長のチャンス」でもあります。とても新鮮に、楽しみながらおふたりと向き合っていきました。
そしてだんだんと接していくうちにおふたりの抱いていたものは「パッケージ、しきたり、既存、そういったものを押し付けられたくない」ということや、「自分達だからこそ」の結婚式をしたいというとても素敵なお気持ちでした。

写真 結婚式のフィナーレでの新郎様と両家父の3人

ゲストと創るエンディングムービーは、ある友人にいたずらを仕掛け、ムービーでネタバレを披露するという計画。「いたずらを成功させるためにファーストバイトをしよう!」と逆に絶対に必要なイベントに変わり、当日は大盛り上がり。

ふたりが創りあげた
“おふたりらしい結婚式”

おふたりにとっての「自分達らしさ」を見つけ出すことはとても簡単なことではありませんでした。自分の好きなものだけでなく、相手の好きなものを受け入れたり、夫婦ふたりの新たな「色」を作り出すことだと思い、私自身もとことんおふたりに向き合い、色んな手法を凝らして「自分達らしい」結婚式を創り上げていきました。
当日の挙式では涙ながらに祝福されるゲストがたくさんいらっしゃり、とても愛されていることを感じました。披露宴では、新郎様が望まれていた男性も楽しんで参加できる時間に。イタズラも大成功し、見事なエンディングムービーで一日を幸せに結びました。やりたくないことばかりだったおふたりが、退場した瞬間に「芳賀さん、やりたいこと全部やれてよかったー!」と。きっと結婚式準備期間には、「自分達らしさ」について、お互いに向き合い、一緒に乗り越えてこれたからこそ、達成感を持って結ぶことができたと思っています。

写真 GOOD WEDDING AWARD2018にてファイナリストに出場したスタッフ

おふたりに「従来のやり方」を押し付けるでなく、「やりたい結婚式」を見つけていただくスタンスが評価され、GOOD WEDDING AWARD2018にてファイナリストに選出。プレゼン当日はたくさんの仲間が駆け付けた。

smile flow
幸せなスマイルが生まれるまで

  • 初めてのお打合せの日

    「どんな結婚式がしたいですか」とお伺いすると、「結婚式でやりたくないこと」でいっぱいに溢れました。なんて面白いおふたりと出会うことができたのだろうかとワクワクしました。

  • コンセプト打合せの日

    自分の過去の列席経験からゲストには一瞬の楽しさではなく、心から楽しかったな~と印象に残していただけるような結婚式にしたいと仰ってくださったおふたり。こうして決定したウエディングテーマが「Are You Happy?」。

  • TURNING POINT

    「過去10年で一度も経験したことのないこと」を10個以上並べてご提案しました。するとおふたりの表情と意欲に変化が…!

  • 一番気に入ってくださったのは「結びから披露宴を進行する」というもの。典型的な流れを嫌がられていらっしゃいましたが、おふたりで考えられると、典型が実は素晴らしいことに気がつかれ、「自分達で創り上げた従来の結婚式に近い形」になっていきました。
    次に気に入ってくださったのは「ゲストと創るエンディングムービー」。従来のエンディングムービーとの違いは「シナリオ」があるというもの。いたずら好きの新郎様、友人を喜ばせたい新婦様、それぞれとても楽しんで企画をされました。

  • TURNING POINT

    こうしてやりたくなかったことは、全て「やりたいこと」へと変化。

  • スマイル当日

    ゲストと創るエンディングムービーは、ある友人にいたずらを仕掛け、ムービーでネタバレを披露するという計画。「いたずらを成功させるにはファーストバイトとドレス色あてクイズを利用しよう!」とNGだったドレス当てクイズは逆に絶対に必要なイベントに変わりました。
    親御様はお喜びいっぱいの涙を流され、新郎ご友人は爆笑、新婦ご友人は祝福の気持ちでいっぱいになり、それぞれの視点でとても楽しんでいただくことができ「イベントやパーティではなくて、素晴らしい結婚式」になりました。
    結婚式の意味を自分達なりに理解をし見つけることで、自分達らしい結婚式になりました。

  • スマイル後

    結んだ後、おふたりは私に『やりたいことを全部やれてよかったです!』と幸せいっぱいに仰られました。
    自分の好きなことを改めて見つめ、相手の好きなものを受け入れて、夫婦で結婚式を創り上げていくことの難しさに直面しながら、最高の結婚式を創り上げることができた経験はこの先の未来に進んでいく上でとても必要なことだと気付かされました。いつもおふたりは私に新しい刺激を与えてくれます。時々お食事に行って楽しくお話しをするなど親しい関係が続いています。

写真 芳賀恵理

profile

マーケティング部 スマイルディレクター
2009年入社 芳賀恵理

社員インタビューを見る
dears wedding The Wonder Journey

Wedding Report 公開中

結婚式とはともに人生を歩み始めるおふたりが楽しみながらつくりあげていく半年間による旅のようなものだと私たちは考えています。一顧客一担当制の中で新郎様新婦様に寄り添い、プロたちがチーム一丸となってオリジナリティ溢れる結婚式を提案しています。

もっと見る
  • はじめての方はENTRYボタンをクリックし、マイページ登録を行ってください。
  • エントリーシートのご提出や今後の選考情報のご確認はマイページよりお願いします。