見えない愛を“カタチ”にする。
両親の愛を深める、感動のサプライズ

お二人の幸せな未来のため、
ご両親が幸せになれる提案を

新郎新婦様はとてもお話好き。毎回の打ち合わせがあまりに楽しいので、打ち合わせや準備風景のお写真や映像を残し、当日の待合室でゲストの皆さんに見ていただけるようにしたほどです。会話の中でたくさんいただいたヒントをもとに、「love actually」というオムニバス映画をテーマにして、さまざまな人との繋がりを大切にしたスマイル(結婚式)にしましょうというご提案をし、とても喜んでいただけました。ただ、進行の中にご両親の出番がないことが気になったので伺ってみると、いつも明るいお二人から、ふっと笑顔が消えたのです。「昔は仲がよかったんだけど…」と寂しそうに話すお姿を見て、大きく心が動きました。というのも、私自身がケンカの絶えない家庭で育ち、「自分のような思いは誰にもさせたくない」とこの世界に飛び込んだから。お二人がこれからの未来を不安に思わないためにも、ご両親にも幸せな未来を続けていただけるようにしたい。お二人ともじっくり話し合いながら構成を考え、いよいよスマイルの日を迎えました。

フィナーレでは新郎様と両家父の3人がサプライズ登場。それぞれの手には愛するパートナーを想って選んだバラが。

3人のメンズが颯爽と登場し、
愛する人に花を捧げる

当日は、すべてがお二人からゲストへのサプライズ。兄弟姉妹や同僚との演出や、いとこやお祖母様へのプレゼント…次々と起こる出来事に、ゲストの皆さんは驚いたり笑ったり。途中、新郎様が体調を崩されるハプニングがありましたが、席を外されている間は新婦様に家族やお友達とゆっくり過ごしていただき、和やかな空間を作ることができました。そして、いよいよ最後のサプライズ。新郎様と共にご両家お父様が扉から登場、それぞれのお母様に一輪のお花をプレゼント。かつて贈ったことがあるゆかりのお花でした。照れながらもとても嬉しそうなお母様方を見て、新婦様と二人で喜び合ったことは忘れられません。スマイルの後、ご両親が一緒に買い物に出かけるようになり、家族で会食する機会も増えたと、新郎新婦様には本当に喜んでいただけました。見えない愛を“カタチ”にすることで、幸せな未来を一緒につくっていくことができる。そんな喜びを心から実感することができましたね。

新郎新婦様だけでなくご両親の未来にも目を向けたプランニングが評価され、GOOD WEDDING AWARD2015にて準グランプリを受賞。
プレゼン当日はたくさんの仲間が駆け付けた。

smile flow

幸せなスマイルが生まれるまで

実は他会場でご契約済みだったお二人。
当式場には、結婚式のイメージの参考にするためのご来館だったが、会場見学が終わった時にはこの会場での結婚式のイメージがわき、「ここで結婚式を挙げたい!」とおっしゃっていただき決定

初回の打ち合わせから、半生をバーチャルに体験できるような楽しいお話をしてくださったお二人。あっという間にお打ち合わせ時間が過ぎた

ターニングポイント1

お打ち合わせの中で、「すべての人に感謝したい」というお二人の想いを知る

「love actually♪」というテーマを提案し、すべての人が愛で繋がっていることをスマイルで表現しようと3人で考える

ターニングポイント2

お二人それぞれのご両親が、少し疎遠になっていることを知り、絆を強くするためのプランを提案

スマイル当日

参列するすべての方にサプライズを演出。クライマックスはご両家お父様からお母様への花の贈呈!

スマイル後

ご両親はもちろん、家族間の絆がより強くなったというご報告をいただいた

リクルート ブライダル総研主催のプランニングコンテスト「GOOD WEDDING AWARD 2015」で準グランプリを獲得!

smile flow
smile profile
井上 志織SHIORI INOUE

ザ・ミーツ マリーナテラス
シニアウエディングプロデューサー
2008年入社

私のためOPENDOORS!!

“結婚式”だけでなく、“結婚式の前後を含めたウエディングライフ”のサポートプランナーになること。