結婚式の価値を生み出し、
多くの人の“人生”がより豊かになる
きっかけを創り続けます!

ウェディングプロデューサー

藤田 知香CHIKA FUJITA

2020年入社。学生時代は京都の神社仏閣を案内する仕事やイベントを企画するサークル活動に没頭。人生のイベントに携わり、その意味・価値を生み出す仕事につきたいと思いブライダル業界へ。入社1年目が対象となる社内コンテスト【ルーキーアワード】で第2位に輝いた期待の若手。

趣味・特技 買い物、読書、ホットヨガ
子どもの頃の夢 お金持ち
尊敬する人 両親(チームワークが最高)
キャッチコピー 仕事の報酬は仕事

仕事内容について教えてください。

結婚式を検討しているお客様への会場案内、お打合せや当日のサポートを一貫して担当させていただいています。全て一人で担うわけではなく、各セクションのプロフェッショナルなスタッフとチームで進めていくので、リーダーシップをとりつつ新郎新婦様と各メンバーとの橋渡し役も担っています。携わる内容は多岐にわたり、綿密に新郎新婦様や各スタッフともコミュニケーションをとりながら迎える結婚式当日の達成感が仕事のやりがいです。経験を積み重ねても、新郎新婦様のこだわりや悩みは毎回異なります。だからこそ親身に寄り添いお二人らしさを取り入れた結婚式をチーム一丸となり作ることを心がけています。

入社を決めた理由は?

「仕事を通して成長できること」を軸としていたため、ブライダル業界はぴったりだと感じました。その中でも特に魅力を感じた点は、「人」「成長できること」「風通しの良さ」です。選考を通じて「どの会社よりも自分と向き合ってくれた会社」「ここまで自分の素が出せる会社」であれば、入社後も今以上に自分と向き合い、成長できる環境があると考えました。また、キャリアステップの幅が広く様々な店舗や役職がある点、選考で出会う人が店舗や年次を超えて刺激しあっている風通しの良さにも驚き、この環境で働きたいと思いました。

社内コンテストへの挑戦で学んだことは?

チームを意識するようになりました。一つは同期。全国にいる同期と直接会うことが難しい中、各店舗でライバルでもあるみんなが頑張っていることが一番の活力になっています。もう一つは店舗。入社後、思った通りにできない自分に自信を無くした時に支えてくれたのが同じ店舗で働く先輩達でした。そこで、個人よりもチーム内での役割を意識し、店舗でできる仕事を探し自分の存在意義を作る経験をしたことが、自信を取り戻し仕事を楽しむきっかけにもなりました。

入社時と今を比較して最も成長した点は?

入社前は、コミュニケーション力やヒアリング力、提案力などのプラスアルファの力を磨くことが一番大切だと思っていました。私たちの仕事は幅広い業務を同時並行で進めていくため、事務処理能力や計画性など基礎的な能力がとても重要だと気付き、日々意識しながら業務に取り組んでいます。新郎新婦様と向き合う時間を優先し、リクエストに迅速に対応するためにも優先順位をつけて仕事をしていく必要があります。この点は学生の頃から意識すればもっと変われたと思うので、ぜひ学生の皆さんは今から実践してください!

2023新卒向け

  • はじめての方はENTRYボタンをクリックし、マイページ登録を行ってください。
  • エントリーシートのご提出や今後の選考情報のご確認はマイページよりお願いします。
  • ※インターンシップへのご参加を希望される方はマイページへのご登録からお進みください。