社員紹介

Member

Staff

多彩で多才な
パフォーマンス集団

JUNKO SHIRAISHI

MICE事業室 MICEコンシェルジュ主任
白石 純子

趣味・特技
同時に6人の会話を聞き取れること
子供の頃の夢
NHKのアナウンサー
尊敬する人
両親
自分のキャッチコピー
あなたの人生にインパクトを残す
小さな巨人
略歴
2010年中途入社。6年間ウエディングプロデューサーとして複数の店舗での結婚式を担当。2016年からは、一般宴会を担当するMICEコンシェルジュに。同年、社内コンテスト「DB AWARD」にて参加150名の中からファイナリスト4名に進出。2017年には、日本ブライダル文化振興協会主催のコンテストにて1位に輝き、マスターの称号を獲得した実績を持つ。
私のOPEN DOORS!!

鎌倉の店舗が、結婚式だけでなく人生の祝いのあらゆるイベントで使われ
市や行政とともに国際観光力の強化にも取り組んでいきたい!

今の仕事内容を教えてください。
年間約130組の宴席を担当しています。飛び込み営業で出会ったお客様や、昔からご利用いただいていた方など様々ですが、「またお願いします」「白石さんにお任せします」といっていただけるのが醍醐味です。地場企業のイベントをプロデュースすることが多いので、まずは顔を覚えてもらうことが大切。覚えていただければ、いずれ声がかかりますので、そこからスピード感を大切にして仕事をしています。
入社前のことを教えてください。
大学時代にイベント会場でアルバイトしていたご縁で、ラジオ番組制作会社へ新卒入社しました。5人ほどのアットホームな会社で社名に”Dear”がついていました。1週間の担当番組は10本~15本。家に帰れるのは日曜日の午後だけだった時も。辛いことありましたが、多感な20代を刺激的な環境で過ごせて良かったです。
社外コンテストで1位受賞して変化したことは?
ディアーズ・ブレインは、やりたいことを大胆に任せてくれる会社なうえに、社内外のコンテストに積極的に参加させてもらえることで、社外の方との人脈も広がり、大きく成長させてもらえました。ディアーズ・ブレインのMICEもプランナーと同じく担当一貫性を採っているので、すべての流れを自分で作ることができます。将来的には、イベント自体を自分がプロデュースしてみたいです。
ウエディングプロデューサーの経験が今の職種に活きていることは?
やはりパーティの提案力です。提案力の高さはウエディングプロデューサーをやっていたからこその強みです。お客様が潜在的に何を求めているのかを考え、常に頭をフル回転しています。ウエディングプロデューサーとしてたくさんの結婚式を担当してきたからこそ、新たなステージとしてMICEに進むことができました。

※MICEとは
Meeting(会議・研修)、Incentive(招待旅行)、Conference(国際会議)またはConvention、Exhibition(展示会)またはEventの4つの頭文字を合わせた言葉。
企業の会議やセミナー、報償・研修旅行、国際会議や、展示会・イベントなど、観光および旅行の観点から着目した総称を表す。