社員紹介

Member

Staff

多彩で多才な
パフォーマンス集団

DAISUKE SAKO

事業開発部次長
迫 大輔

趣味・特技
掃除、散歩
子供の頃の夢
プロ野球選手
尊敬する人
イチロー
自分のキャッチコピー
施設を守る裏方
略歴
2008年中途入社。事業開発部に配属。新規出店や施設の維持管理を担う店舗開発に従事。着実に経験と実績を積み上げ、2016年グループマネージャーへ昇格。現在では自社を含めグループ会社の店舗開発に携わるなど、活躍の幅を広げている。
私のOPEN DOORS!!

異なる会社とプロジェクトを組むことで、自分やメンバーの成長に繋げたい。
そして、マーケットや会社の動きにスピード感をもって対応できるチームへ。

今の仕事内容を教えてください。
ディアーズ・ブレイン内では、東日本店舗担当メンバーのマネジメントと、施設管理の取りまとめ(物件が決まってからの建設計画、設計やゼネコンとのやりとり、予算管理、スケジュール管理等)を行っています。また、店舗の新規出店や、施設を今以上に魅力のあるものにするためのリニューアルも必要に応じて進めています。ワタベウェディングでも同様に、調整や管理に携わっています。現状から未来を企画し、その完成形が目に見えることは大きなやりがいになります。
入社してから最も成長したことは?
プロジェクトを同時に進めなければならないため、メンバーやパートナーとの関わり方、業務への取り組み方が変わりました。これまでは自分が窓口となり業務を進めるものが多くありましたが、メンバーに頼り、任せながら進められるようになりました。課題はまだまだ多いですが、異なる会社での業務に対応することで、視野を広げることができました。
WDプロジェクト(新規事業)で大変だったことは?
ディアーズ・ブレインの業務と同時に、ワタベウェディングの新規出店や移転が重なり、複数のプロジェクトのプランニング・見積を同時に進めなければいけないことや、両社で、メンバー、仕事の進め方、考え方、管理の仕方が異なることがとにかく大変でした。特に海外プロジェクトは言葉が通じず、個人の価値観、商取引の習慣も異なり、日本の常識が通じないことも多々ありました。それでも、図面で見ていたものが狙い通りに出来上がったときには、それまでの準備に時間と情熱と努力を注いだ分、大きな達成感を得ることができました。
仕事上でのターニングポイントは?
とにかく業務をこなすことに必死だった、入社して間もない頃、『きれいで素敵な施設ですね』とお客様からお褒めの言葉をいただいたと店舗キャストから聞き、何のために仕事をしているのか考えられていなかったことに気づかされました。お客様のために仕事をしている、人のために自分が事を成すということを学べた契機でした。